この前の説明会で渡された封筒と偉い人の説明で

「失業中の方が国民年金払うのは厳しいから免除してあげるよ」

っていう手続きが受けられるみたいです。

本来国民年金の払う額が免除できる%は

本人の年間取得と世帯の年間所得が絡んでくるらしいのですが、

失業給付を受けている人だと本人は免除され、

世帯主の年間所得によってどれくらい免除してくれるか決まるらしいです。

私は親と二人暮らしなので親の所得のみで判定されるみたいですね。

あとは申請して終わりです。

審査に3か月ぐらいかかるらしいですが、

それまでは年金を払わないようにと言われました。


注意1 失業給付を受けられている方は給付の時に使う申請書を持っていく必要があります。

注意2 免除されても、「払った扱いになる」わけではありません。
    申請している期間は払わなくてもいい期間ですが。満額はもらえません。
    (払ってないのだから当たり前ですね)
    ただ払ってない期間を遡って払うことは後日できるので、職が見つかったら
    払っておくのがいいと思います。
スポンサーサイト

失業給付可もしくは失業給付仮可の認定を受けると

初回説明会を受ける必要があります。

私もこの前行ってきましたが、実際二回目です。

内容は

① 失業保険のもらい方
② ハローワークの使い方

すごく大まかにまとめるとこのふたつ

②のほうはそんなに難しくないので省略

重要なのは①のほうですね。

内容を箇条書きでいきます

・ 失業保険有資格者かどうか
・ 失業保険給付期間
・ 就職活動に関わる行動

失業保険給付期間は雇用保険を払った期間とその人の年齢、退職理由などによって変わります。

失業保険給付期間に就職活動を決められた回数行い。決められた認定日に報告すると

はれて失業保険がもらえます。

私は自主退社のためもらえる期間はいまから三か月先からになりますが、

その間の活動を報告する必要もあります。


まぁ初めは使い方とルールの説明ですね

やっとこさ離職票がきたので、ハローワークにいって失業保険の手続をしてきました。

どんな感じだったのかと、必要な物を上げておきます。


① ハローワークに登録する
  
  私の場合はすでに登録してあったので問題なかったですが、ハローワークへの登録は絶対です

② 持ち物

  ハンコ(シャチハタでないもの)
  離職票
  免許証(離職票があればたぶんいらない)

③ ハローワークのカウンターにて手続
  
  いろいろ説明されますが、一番はっきりさせるのは退職理由です。
  個人的な私情で辞めた場合はもらうまでに三か月かかります
  会社に不手際がある場合はすぐもらえるケースもあります
  (代表的なケースは、会社のせいで病気になったり、
   明確な上司等からの嫌がらせ
   会社の面接で手続とぜんぜん違う場合、不合理な残業25時間以上などなど)

④ 手続きが終わると自分の組みの書いてある冊子を渡されて解放されます
  (冊子には1週目木曜日とか3週目火曜日とか、月に一度報告に行く日がかかれてます)

初日はだいたいこんな感じ。せっかくなので日記に起こしておこうと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。