こんばんわ、このタグでブログ書くの半年ぶりぐらいですね。


超レアです。


私初めて3Dの映画みてきました


外国版「ゴジラ(3D)」


すっごいツッコミたいところがあったのでここで解消したいと思います(*´ω`*)





以下、ネタバレ要素を含みますので楽しみにされてる方はお戻りください。



では(´・ω・`)


突然ですが、私アニメを除く生まれて初めて見た映画は


「ゴジラVSビオランテ」だったと記憶しております。


家族で行ったのかすごく面白かった気がしましたよー


そんな思い入れもあって親とゴジラみてきました。


でも歳を重ねたかたなのかツッコミたいところがありました




1 「明日むかえに行くから一緒に逃げよう!」

これ主人公のセリフなんですけどね

主人公の家がロサンゼルス(以下LA) 

怪獣の決戦の場もLA

LAが決戦の場となり家族への電話で言ったセリフなんですけどね

「明日むかえに行くから」よりも「いますぐ逃げろ」じゃないんかい!

と思いました。

まぁみてて今回のゴジラはメチャクチャ「家族愛」がでてくるので

その演出上仕方ないのかなーと思いながらもツッコまずにはいられなかったです。



2 「わかったわ待ってるわナンチャラ~」

これはそれを聞いた奥さんのセリフですね

まぁ、家族愛がテーマなので

夫を信じる奥さんのおりなす家族愛が演出されております

普通先に逃げますけどね!

でも今回ツッコミたいのはそこではなく

終盤差し掛かりに

子供だけバスにのせて逃がします!

やっぱしお母さんって強いですよね

愛やロマンはほしいけどそれとこれとは別ってことですね

現実的なのはいいですけど、

その選択をするなら一緒に逃げようよ。前の晩に…


3 お約束の建物が壊れるシーン

そして決戦のLA

怪獣が暴れて建物が壊れます

壊れる建物の中に必ず奥さんがいて「キャー!」とか言います。

いいかげんLAから離れろよ!

と思います。一回そういうシーンがあるくらいならなんにも思いませんが

毎回出てきます。逃げようとしてんの? ってかいつまでLAにいんの?

夫を待ってるて言ったって普通町ごと封鎖だろ!

警察バカなの? 無能なの?







とまぁいろいろツッコミたいポイント満載でしたが


総合の感想としては面白かったですよ


わたしみたいに画面の真ん中以外を注意深くみちゃうタイプは


3Dメガネがすごい疲れます。


見たことある人はわかると思いますが


画面が見せたいところ以外はぼやけてる感じが多いので


すごく目に負担が行きます


モンハンも基本3Dは切るタイプですし。


そういったタイプには3Dはオススメしません。


でも怪獣映画とかホラー映画を3D版でみると迫力あるのでオススメです


ゴジラは日本の最終ゴジラよりもずんぐりむっくりな感じですが


日本のゴジラよりもすごく動きます(シーンは少ないが)


これが塩ビ着ぐるみとCGの差なのだろうか・・・


でもゴジラや町の壊し方や渋滞のシーンとか


スケールがでかくて圧巻でしたね。


なかなか面白かったです






絶対に映画「寄生獣」」はみにいくぞ!( ゚Д゚)





明日は田舎に行ってきます。朝5時起きなのではやめに休みます
帰って来たらパズドラスキル上げの記事を書くぞ!
スポンサーサイト

お正月でやってましたね、のぼうの城

友人と「おどる大捜査線」の最後の映画を見に行ったときに宣伝してましたね。

友人と「これもみたいなー」と言っていましたが

結局いかなかったのを印象に覚えています。

DVDレンタルで1日200円払うのもあれだしなーと思って

gdgdしてたらもうテレビ放映ですよ、時の流れははやいですねー

あまり内容にはふれないようにしますが、

萬斎いいですねー本当に雰囲気だしてると思います

私は豊臣、石田三成が好きなのですが、

今回は敵側になってしまって残念でしたが、

石田三成はいい感じの武将でした

親が見に行ってたので、内容を少し吹き込まれていたのですが

ヒロインの演技が鼻につくと言われていたのですが、

確かにその通りでした…(´゚д゚`)

ともあれ、作風や題材はわたし好みだったし、

お正月にコタツでごろごろしながら見るにはすごくいい作品だったかなー(´-ω-`)

文句なしに面白かった。

各人物、いろいろな人が練りこまれていて、

立場や考え方がそれぞれあって、だれの視点からみても楽しめると思います。

私は秀吉が好きなので秀吉を押しますが、

柴田はもちろん丹羽や池田の視点からみても楽しめるとおもしろいと思います、

個人的には終わった後の作品を思い返してみると

前田や三十朗の心境とか考えるとたまらないですな

三谷幸喜監督だけあって途中グダルこともなく最後まで楽しめる作品でした





武将や話の流れをある程度わかっている人でないとなかなかつかみづらいところもあると思います。
ですが、中学生の歴史程度のことがわかっていれば楽しめると思います。

もう一度映画を見直してもいいかなと思えるほど面白かったです。

DVDも一行の余地ありかな~

初めに言っておきます。

ドラマの方は最終回と映画前の特番しか見たことないです

言ったのは親のつきあいと、特番が面白かったからみてみようかなと思ったからです

だから私はドラマの内容・知識はまったくないのでそれを踏まえての感想です

さらにこの先内容には触れないように努力しますが、ネタバレも含む可能性もあるので気を付けてください



ちなみに前後編両方みました。

前篇の感想
 ・演出くどい…
 ・内容薄い…
 ・回想シーン多すぎ…
 ・え? 話ぜんぜん進んでないけどもう終わり?
面白かったかどうかを聞かれたら、正直つまらなかったです。なにより回想シーンが多すぎでした。
ドラマを見てない人への配慮だったのかもしれませんが、3分あればわかる内容でした。
無料券で見たのですが、1800円だしたら後悔していたレベルでした・・・


後編の感想
 ・超真面目なシーンで、ただやるだけ(やっただけ)の一発ギャグとかいらないです
 ・いろんなところが伏線なのかと思ったら回収なしの、ただやっていただけ感
 ・始まってから1展開でクライマックス。
 ・クライマックスからの展開なし、劣性→打開→再び劣性の繰り返し…
 ・最後意味不明…
私が頭悪かったのかラスト意味不明でした。なんか盛り上げたら収集つかなくなって、
なんとなくどうにかモノローグや後付けでどうにかしようとした感を感じたのですが…
(だからそこはどうなったの? から中度半端な説明でどうにかごまかしたみたいな)
無料券じゃなかったら途中で帰ってたレベル、酷かった…


総合感想

うーん…酷かった…
前半の無駄な回想シーン削って、後編のグダグダな下りをスマートにすれば、
一つの作品にできたんじゃないかな…
そう思うと、料金を二回取るために前後編に分けたんじゃないかな…
そう思うくらいに両方とも中身グダグダでした…

この前の金曜ロードショーでやってましたね

いきなり主人公が「僕は死んだ」で始まるのはインパクトがありました。

改めて見てみると心情とか描写がすごくでてる作品ですね。

おばさんが雑炊を盛るところも、兄ちゃんやせつこの茶碗には水しかいれないのに

家の娘やお父さんには米たっぷりでしたしね、それを目で追う兄ちゃんも

すごく細かいところまでよくできてる作品だったと思います。

おばさんが段々冷たくなっていったりするので、

子供のころはこのおばさん嫌な奴だなーぐらいにしか考えませんでしたが、

預かってる子供の親が死んだ

預かってる子供は学校もなく日がな一日ブラブラしてるだけ

生活はどんどん苦しくなっていくばかり

この先この預かってる子をいつまで面倒みればいいのかわからない

とまぁ、おばさんの立場に立って考えてみると仕方のなかったことなのかもしれませんね

という見方ができるようになっただけ少しは成長したのかな…




戦時中とは悲惨なものです。それを忘れないようにねって作品ですよね、本当に(´-ω-`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。